×
HOME>アーカイブ>見積もりに関しては即断せず、自宅に持ち帰って検討します。
結婚式場

下見では気づいたことをメモする

結婚が決まったら、時間を作ってでも結婚式場の下見は必ずしておいたほうが得策です。なぜならば、下見で得られる情報は多いので、気づいたことをメモしたり、スタッフの方に質問をすることで検討材料にすることが出来るからです。時間が許すのであれば、下見は数カ所見ておいたほうが良いです。検討できる材料が増えると、自分たちが結婚式場に何を求めているのかが見えてくるため、サービスの内容や会場の雰囲気を比べることが出来るからです。大分の結婚式場は比較的アクセスの良い立地にあることから、当日列席者たちも各自で式場に向かうことが出来るのが強みです。アクセス方法は事前に確認しておくべき重要なポイントであり、下見ではその点についてもきちんとチェックを行います。気づいたことをメモをしておけば、帰宅後にメモを参考にできます。

見積もりの説明は式場スタッフの質を表す

結婚式場を決めるに際しては、2、3件の式場を回ってみて実際に見積もりを出してもらうことをおすすめします。見積りを出してもらうに当たっては、その説明の明瞭さや内容に関してスタッフの質と直結します。少しでも納得できない点があれば、すぐに契約を結ぶ必要はないので、その見積りを持ち帰って改めて検討し直すことが大切です。大分は公共交通機関が利用しやすい市内に結婚式場が集中していて、激戦区となっています。式場側としても顧客獲得のために出来る限りのサービスや特典を提供するように努めているため、複数の結婚式場を比較して検討することはサービス内容や費用を見極める上でも有益なことです。見積に提示されている内容で気になることがあれば、スタッフに直接尋ねてみると良いでしょう。